Snow hand made Hirosaki

原始機(げんしばた)とは??

Snow hand madeで手織りの商品に主に使用している織り方、技法は原始機です。
原始機とはどのようなものなのでしょうか。

布を織る道具を機(はた)と呼びます。機は世界中の様々な場所でそれぞれの民族が生み出したと思われ、
その原始的ともいえるシンプルな仕組みの機を「原始機(げんしばた)」といいます。

【原始機の仕組み】(ピヌムトゥ工房 ワークショップテキストより)

  

経糸(たていと)の一端が織り手の腰にまわした腰あてに繋がれ、
経糸の張り具合は織り手の腰の力で調整されるため「腰機(こしばた)」とも呼ばれます。
また、織りながら固定された方に向かって いざり寄って いくので「いざり機」とも呼ばれます。

原始機には、高機(たかばた)で幅を固定するために使用される「筬(おさ)」を
使用しないため、織物の幅は織り手の腰の引き加減、緩め加減で変わってしまいます。

日本で伝統的にこの織りを用いているのは、沖縄本島 石川伊波集落の「伊波メンサー」、
北海道アイヌ民族の「アッツウシ織り」、八丈島の「カッペタ織り」の3ヵ所のみです。

機の歴史は、原始機(腰機・いざり機) 地機(じばた)→ 高機(たかばた)という
発展をとげ、現在ではほとんどで高機が用いられています。

  


南山舎出版の『ミンサー全書』より機の種類の参考画像です。